還暦 から の 底力。 「還暦からの底力」出口治明著の読書メモ

「還暦からの底力」出口治明著の読書メモ

☏ 『「全世界史」講義 教養に効く! まるで自分の内なる心が書籍として表出したかのような錯覚さえ覚えた。 サービス産業のユーザーは女性が6〜7割であり、おじさんたちが会議でうんうん唸っても、女性の心はわからない。 還暦後の人生を充実させる考え方 第一章 社会とどう向き合うか ・「何歳まで働くのか」を考えても意味がない ・高齢者が生かされる歴史的・生物学的意味 ・「敬老の日」を廃止せよ ・「年齢フリー」の世の中に ・グーグル・アマゾンを生み出せない日本の教育 ・「飯・風呂・寝る」の生活から脱却せよ 第二章 老後の孤独と家族とお金 ・「老後の孤独」の本質はゆがんだ労働慣行 ・死んだら星のかけらに戻るだけ、恐れても仕方ない ・次の世代のために、自分の範囲でできることをする ・運をつかむカギは「適応」にあり ・人とのつながりは「自分」というコンテンツ次第 ・人生は愛情の獲得競争 ・子孫に美田を遺さず、必要なら生前贈与を 第三章 自分への投資と、学び続けるということ ・80歳でもチアリーダーになれる、DJになれる ・「昔取った杵柄、新たな物事への「感染」 ・英語で一番難しいのは日常会話 ・成果の出る学習の秘訣は「仕組みづくり」 ・「物事の見方」をどう磨くか ・学びが還暦後の底力をパワーアップする 第四章 世界の見方を歴史に学ぶ ・日本が鎖国できたのは「世界商品」がなかったから ・スペインの没落を招いた「血の純潔規定」 ・ダイバーシティで栄えた国、反ダイバーシティで没落した国 ・日本の敗戦はおごり高ぶって開国をしてた結果 ・世の中を理解するために必読の古典とは 第5章 持続可能性の高い社会を残すために ・男女差別が日本を衰退させている ・男性が子育てをすると家族愛が高まる科学的理由 ・赤ちゃんを産んでも女性が経済的に困らない仕組み ・社会保障と税の一体改革は必要不可欠 ・よいリーダーとよい政府は市民がつくる. 感心したことは、日本の技術料は物凄いとか、まだまだ、捨てたものじゃありませんと主張するTV番組や出版物が氾濫している世の中に、日本の技術はもう、たいしたことないんですよ、アメリカのGAFAの様な新技術は日本から生まれる可能性はありませんよと、世の中の趨勢に流されることなく、はっきり発言されているところが偉い人だなと思いました。

4
社会全体で面倒を見ていける制度が必要です。 よくあるのは老後は趣味を持ちましょうとか、地域コミュニティーと積極的に関わりましょうといったことが多く書かれています。

人生100年時代を生きる「還暦からの底力」とは(テンミニッツTV)

☏ 健康に産んで育ててくれた親から与えられたギフトです。

働いている間は、支える側にいればいい。 マスコミのニュースとか評論家の意見とかを真に受けるのではなくて、歴史的にみてどうなのか、他の国ではどうなのか、裏付けのデータはあるのかという見方をして、自分なりの考えをまとめることが大事です。

【書評】何かを始めるのに遅すぎることはない!『還暦からの底力』の要約

✔ その点は強く共感しました。 「老後の孤独」 最近流行りの定年本には「 老後の孤独」についてよく書かれています。 だから大切なのは「人・本・旅」で、たくさんの人に会う、たくさん本を読む、たくさんいろいろな現場へ出かけていき、たくさんの出会いをつくることです。

11
「飯・風呂・寝る」だけで仕事ばかりの生活なんて送っていないだろうか? 勉強するためにはその生活から脱却しないといけない。 学びの仕組みをつくって「ピア(仲間)・ラーニング」をすればよい、と。

【書評】『還暦からの底力

☺ 『ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊』(社、2014年)• 人生を豊かにするのは「人・本・旅」。 本の目次 はじめに 第一章 社会とどう向き合うか 第二章 老後の孤独と家族とお金 第三章 自分への投資と、学び続けるといううこと 第四章 世界の見方を歴史に学ぶ 第五章 持続性の高い社会を子供たちに残すために おわりに 本の要旨 「年齢フリー社会」 本書の根幹をなるキーワードが「 年齢フリー社会」です。 自分も若いころは理性を信じて革新以外はありえないと思っていましたが、今は著者の言うとおり、人間の思考力、判断力はあまりあてにならないことが多いのだと感じています。

8
ここには「定年を迎えたら、これをしなさい」とか「60歳になる前にこれを準備しなさい」といった類の話は一切出てこないからだ。 『部下を持ったら必ず読む-「任せ方」の教科書-「プレーイング・マネージャー」になってはいけない』(、2013年)• それを妙に賢い振りをするから生きづらい社会になるのだ。

出口治明「還暦からの底力」 ぽんと突き放す「憂国の書」(好書好日)

👋 そうした、現役バリバリの人が書いた本なので、さぞ前向きなことが書いてあるのだろうと思いましたが、まさにそのとおり。

5
脳の構造から考えて見ても、脳の全活動の9割以上は無意識の領域です。 自分にとって面白い人生にチャレンジする。

還暦からの底力 歴史・人・旅に学ぶ生き方の通販/出口治明 講談社現代新書

☘ このような労働環境では仕事オンリーになって、趣味を持つこと、地域社会と関わることが全くない人を大量に作ったのです。 これこそが人生100年時代の醍醐味(だいごみ)です」と話す。

これは劇的 か科学や技術の進歩を、人間のあまり賢くない脳みそでは想像できな かったからです。 出口先生も直接会ったことがあるそうですが、気力に圧倒されたそうです。

「還暦からの底力」出口治明著の読書メモ

🤘 (約4分で読めます)• 「病は気から」は現代科学でも実証されています。

10
定年制廃止を訴える氏の意思を強く反映させるためです。

還暦からの底力/出口治明: グローアップパートナー井上篤の読書メモ

💙 (本書「第4章世界の見方を歴史に学ぶ」より引用。

15
良い人と出会い、良い本をいっぱい読み、旅に出て刺激を受けて、成長していけるような人生を送ろう! 還暦からの底力を出せるために必要なことが凝縮された若者にこそ読んで欲しい人生の指南書!! 何かを始めるのに遅すぎることはない! 「60歳になったからそろそろ人生も終わりに近い」と思っている人は、定年制という歪んだ考え方に毒されているのです。 「もう年だから、と年齢を隠れみのにして自分にブレーキをかけないで。