中原 圭介。 本質を見極めるには、新聞を毎日読むのが効果的(中原圭介)

アベノミクスで、失業率は低下していない

🐲 「総合科学研究機構」の特任研究員、ファイナンシャルアカデミーの特別講師も兼ねる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). まさか大統領選の趨勢(すうせい)が決した直後に出てくるとは、タイミング的にまったく想定していなかった。

18
これは、大きい記事でも小さい記事でも例外がありません。

本質を見極めるには、新聞を毎日読むのが効果的(中原圭介)

👌 まさか本気でそのようなことを言っているわけがない」と思っていました。 日本の経済構造の変化に合わせて、行き過ぎた円高や、行き過ぎた円安の水準は変わるはずだ。

12
中世ヨーロッパで大流行したペストにしても、第1次大戦中に世界中に拡大したスペイン風邪にしても、過去の歴史が教訓として示しているのは、 人々の移動の増加が感染症拡大の主たる原因になっているということです。 そして人類はどのように立ち直っていったのか。

<中原圭介の相場観>日経平均の意外高の理由 トップ

⚑ 東洋経済オンライン 2016年11月19日• 当事務所は、クライアントの皆様にとって身近で、安心して相談・依頼することができる「おあしす」となるよう努力を続けて参ります。 (中原さんは円高派なようですが、その場合は価格競争力の低下による輸出押し下げ要因と、円換算にした売り上げの低下というダブルパンチを食らうわけですが、円高で国内の賃金を下げられるとか、円高で円換算の売り上げか増えない、ないし海外での販売価格を対抗するために下請けにコストカットのしわ寄せがいくなどのマイナスは語ってくれません・・・) またデフレが望ましいという論も展開されていますが、本当にデフレの弊害について正しく認識しているのか怪しいですし、何よりエネルギーや原材料を安く輸入できるという自身の円高肯定論を、デフレが進むと輸入品が相対的に高くなるということで否定してしまっているわけで、まさに矛盾です。

私はセミナーなどで「お金に縛られるのをやめましょう」と話しています。

菅首相の“愚策”で、じつは“数十兆円”という「国民の税金」がドブに捨てられる…!(中原 圭介)

🤞 東洋経済オンライン 2016年2月1日• たとえばSARSはアジアとカナダが感染拡大の中心であり、日本ではSARSを疑われた事例はいくつかあったものの、厚生労働省によれば日本におけるSARSの症例はゼロということになっていますし、MERSはアラビア半島とヨーロッパが感染地です。 国民全体にとっても、企業全体にとっても、国家財政にとっても、「三方一両損」ではないが、ドル円相場は90円台半ばくらいが適正ではないかと述べている。

14
米国では物価上昇率の算定に占める帰属家賃の割合は3割程度を占め、人口増加により帰属家賃が2%を上回る上昇を持続しているため、物価全体を引き上げる浮揚装置のような役割を果たしてるが、帰属家賃の割合が2割程度を占める日本では、長期的に人口が減少していくので帰属家賃の上昇は見込めない。 ところが「リーマンショック」の前年の2007年には、世界のGDP合計額の約3. 一つは、連動性が高いNYダウの上昇に引っ張られているということ、もう一つは、海外投資家を中心に売り方が買い戻しを迫られているということだ。

<中原圭介の相場観>ワクチンの完成で個人主導の相場は終焉するのか//モーニングスター

😈 正確な未来予測は困難ですが、これまでのような経済成長を前提にした投資行動は、もう合理的ではありません。

これらに昨年3-4月に集中投資して利益を確定できた投資家ほどパフォーマンスは高かっただろう。 著書 [ ] ・『疫病と投資』東洋経済新報社 2020年• 「継続は力なり」という言葉は、日本人ならば誰でも知っているでしょう。

<中原圭介の相場観>ワクチンの完成で個人主導の相場は終焉するのか//モーニングスター

😁 』(ダイヤモンド社、2010年4月16日発売、)• 生産性を上げることが日本の経済力に資することは明白ではありますが、ではどの程度、上げていくことが日本にとっていいのかという議論はおざなりにされています。

12
東洋経済オンライン 2016年3月27日• しかし、その後は利益確定売りに押されて2万9157ドル(前日比834ドル高)で大引け。