素面 読み方。 「素面」=そめん?「矜持」=きんじ?正しく読めないと恥ずかしい漢字5選

素面(シラフ)の意味・語源とは?使い方・例文や類語・英語表現も

💕 お酒に酔っていないときの顔のこと• 前者の例文は「お酒に酔っていない状態」の意味で、 後者の例文は「剣道で面をかぶらないこと」の意味で使用しています。

15
その場合は言われた側が「酔っ払い状態で問題を起こした」けど「酔い過ぎてて話にならないから、酔いを冷ましてからまた来い。

「シラフ」の意味と使い方とは?語源や類語表現も解説【例文つき】

😙 「シラフ」という言葉を解釈する上でのキーは「普段の状態かどうか」です。

5
「シラフになってから出直す」 「シラフになってから出直す」は、「酔いが冷めた状態になってからまた来る」という意味です。

素面(シラフ)の意味・語源とは?使い方・例文や類語・英語表現も

⚔ 「シラフ」を使った例文• お酒を飲んで酩酊した時のような、通常とは異なる正常ではない心の状態ではないことを意味します。 では、そのような状態でないと話せない内容とは何でしょうか?想像は人それぞれ膨らむかもしれませんが、大抵は「恥ずかしい内容」や「内密な話」です。

7
「酩酊(めいてい)」は、「泥酔」とほぼ同じ意味「ひどく酒に酔うこと」を意味します。

「素面」の意味や語源は?使い方の例文や類語・対義語なども解説

👍 しかし、「人として問題な場には馴染まないこと」これは忘れてはなりません。

15
soberには「落ち着いている」という意味もあり、飲酒の有無に関わらず、頭が働いて冷静でいる様子を指す場合があります。

【素面】〝すっぴん〟ではありません!この漢字正しく読めますか?

🤣 次からは「シラフ」の意味の由来に関して、ご紹介いたします。 内密な話はそのままの意味で、「秘密にして隠しておきたい内容」です。

19
その場合は作戦の一種なので、ちゃんと拒否しないと調子に乗ります。 そしてこのシラフという語ですが、同じような意味や似た言葉である同義語や類語が幾つかあります。

「シラフ」の意味と使い方とは?語源や類語表現も解説【例文つき】

☣ お酒 お酒に関わる際の使い方例としては、お酒を飲んで酔っているのに変化がない、次のような使い方の例があります。

「僕には、素面では話せない恥ずかしい失敗談がある」• 和訳すると「完全なシラフです」の意味になり、「飲んでないよ!」などとシラフ状態であることを強く示したい・アピールしたい時に使用されます。 つまり酩酊してはいない、通常と変わらぬ状態であることを表します。

素面の読み方と意味、「しらふ」と「そめん」正しいのは?

😊 まず、化粧をしていない素顔のことです。 2.素面の意味と類義語について では素面の意味と類義語について見ていきましょう。 「シラフ」を使った英語例文• また、状況や関係性、その後の態度にもよります。

13
万事に合う情報はありませんので、その時々で観察や判断が必要と言えます。

「素面」=そめん?「矜持」=きんじ?正しく読めないと恥ずかしい漢字5選

☘ この「素面」と「白面」ですが、それぞれシラフという読み以外に他の読み方をされることがあります。 「すめん」と読む時の「素面」の意味 「素面」を「すめん」と読む時には、次のような意味を持ちます。

13
そういった雰囲気に馴染めば、シラフでもどうこう言われることはありません。

「素面(しらふ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

😭 (私はシラフです)」の形で表現します。

3
もちろん、カタカナ表記でも問題はありません。