竹 取 物語 現代 語 訳。 竹取物語『天の羽衣・かぐや姫の昇天』現代語訳(1)

竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』現代語訳(1)(2)

📞 いささかなる功徳(くどく)を、翁(おきな)つくりけるによりて、汝が助けにとて、かた時のほどとて下ししを、そこらの年ごろ、そこらの黄金賜(たま)ひて、身を変へたるがごとなりにたり。 」と書き残す。 勢ひ猛(もう)の者になりけり。

この命令に対し、家臣たちは面従腹背で応え、珠の獲得は、全く埒が明かない。

竹取物語[かぐや姫](原文・現代語訳:全巻)

☝ 男はうけきらはず呼び集へて(つどえて)、いとかしこく遊ぶ。

20
3 重なりぬ ラ行四段動詞「重なる」の連用形+完了の助動詞「ぬ」の終止形。 それを見て翁がいうには「私が毎朝晩いつも見ている竹の中にあなたがおいでになるのでこれは当然私の子におなりになるはずの方のようだ。

竹取物語

📱 (私を)恋しく思う折々に、取り出してご覧ください。

18
この後の三日間は、打ち上げをしてお酒を飲んで楽しみました。 1段落 竹取のおじいさんがかぐや姫を見つけます 「已然形+ば」は「確定条件」。

なよ竹のかぐや姫(竹取物語):現代語訳とくわしい解説(解説動画付き)・・・井出進学塾〔富士宮教材開発〕|井出進学塾(富士宮教材開発)公式ブログ|note

❤️ 」と泣き伏しているので、(かぐや姫の)お心が乱れてしまった。 読みは「も」。

6
その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。

『竹取物語』の原文・現代語訳1

🙌 この児のかたちのけうらなること世になく、屋(や)の内は暗き所なく光満ちたり。 竹取物語は、「物語の祖」とも言われ、平安時代以降の物語に様々な影響を与えた作品であるとともに、子供から大人まで幅広く読み継がれた日本を代表する昔話の一つでもある。 (その王と思しき人が)言うには、「お前、愚かな者よ。

15
17 着す サ行下二段動詞「着す」の終止形。 この作品にはその3つとも出てくるので、進学校では1年生の最初のころにこの作品が扱われます。

竹取物語

🐲 望月 もちづきの明かさを十 とを合はせたるばかりにて、在る人の毛の穴さへ見ゆるほどなり。 14 とかく 副詞。 翁は、『確かに技官に作らせた偽物だと分かった以上、返すのは簡単な事です。

15
『かた時』とのたまふに、あやしくなりはべりぬ。 『内匠寮の技官をしている漢部内麻呂が申し上げます。

竹取物語[かぐや姫](原文・現代語訳:全巻)

✋ (嫗は姫を)引き止めることができそうもないので、ただ(かぐや姫を)見上げて泣いている。 続きはこちら. その中に王と思われる人が、家に向かって、「造麻呂(みやつこまろ・かぐや姫の育ての親である翁(おきな))、出て参れ。

その翁の名はさかきの造(みやつこ)と言ったそうです。

竹取物語『天の羽衣・かぐや姫の昇天』現代語訳(1)

😜 3 重なりぬ ラ行四段動詞「重なる」の連用形+完了の助動詞「ぬ」の終止形。 そうして、お爺さんは次第に富裕(お金持ち)になっていったのです。 見捨て奉りてまかる空よりも、落ちぬべき心地する。

意味は「大切に育てる」。 御使ひに竹取出で会ひて、泣くこと限りなし。

『竹取物語』の原文・現代語訳1

🌏 スポンサーリンク 『竹取物語』は平安時代(9~10世紀頃)に成立したと推定されている日本最古の物語文学であり、子ども向けの童話である 『かぐや姫』の原型となっている古典でもあります。 男たちは、『沢山の燕を殺して見てみましたが、燕の腹の中にはありません。 罪の限り果てぬれば、かく迎ふるを、翁は泣き嘆く。

脱ぎ置く衣を、形見と見給へ。 成人女性の正装の名前。