森 喜朗 辞任。 【森喜朗】森辞任で「汚れた五輪」浮き彫り…カネ、差別、変異型流入|日刊ゲンダイDIGITAL

森喜朗会長、辞意表明。これまでの流れは?【3分で分かる】

😩 こういう危機には安倍氏が一番だ。

フタを開ければ、おぞましいほどカネにまみれているのが五輪の実態なのだ。 これに対して抗議の意を込めた「 わきまえない女」がTwitterのトレンド1位になったり、各国の在日大使館が「 don't be silent」というハッシュタグを付したムーブメントを展開するなど、連帯も生まれています。

「女性蔑視」森喜朗辞任騒動のわだかまり

👊 5年も前に会長職を離れたラグビー協会の女性理事を「うちの恥」として持ち出すのはいかがなものかと思うものの、具体的な人物を想起して当てつけの発言をしたというよりは、とっさに「何かいいこと言わなきゃ」とあまり深く考えないで、彼なりのサービス精神を発揮してしまい、悲惨な結果を招いたというのが実態のように思う。 森氏の強引な手法に、政府や都などの間で困惑が広がっていた。

14
だがその夜、事態は急展開する。 今回の一連の流れについて「一番決定的なことはスポンサーが動き出したこと」としたうえで「トヨタをはじめ、ワールドスポンサーが動き始めたら、今のオリンピックは事業として成り立たない。

森喜朗会長辞任では解決しない 「組織委が更迭を」の声も

🔥 イメージ事業なんだから、イメージを大切にするってことは組織委員会にも足りなかった。

8
川淵氏は森氏を「相談役」に起用する意向まで示した。 ・パラリンピック組織委員会の会長がようやく辞任だ。

森喜朗会長辞任では解決しない 「組織委が更迭を」の声も

✆ 時代錯誤な政界重鎮と不寛容社会。

13
女性理事を選ぶというのは、日本は文科省がうるさく言うんですよね。 組織委が12日に開く緊急会合で表明する。

森喜朗会長辞任では解決しない 「組織委が更迭を」の声も

♥ 菅義偉首相の名を挙げ「もっと若い人、女性はいないか、と言ったそうだ」と、伝え聞いた内幕も口にした。 森氏は、自分は女性を尊敬していると言いながら、同時に、女性の実質的な偏見を、温存する行為に加担しており、それは結局、日本の旧態依然としたジェンダー観を代表する男性中心主義的なセクシスト集団の「共犯」ないし「幇助犯」であると自ら認めているに等しい。

19
これはテレビがあるからやりにくいんだが。 しかし記者が質問を重ねるにつれ、「面白おかしくしたいから聞いてんだろ?」と凄むなど傲慢な振る舞いを連発。

「女性蔑視」森喜朗辞任騒動のわだかまり

👎 で、今回は少しネタが古くなってしまったが、日本の国政の顔役として政界に長く居続ける 森喜朗氏を取り上げたい。 カネまみれ、差別意識の露呈、変異型の流入。 森氏が元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)を後継指名したことが反発を招き、後任選びは白紙に戻った。

Twitterで森氏の辞任を求める声が出ていることに触れ、「森氏の発言は女性に対する差別に他ならない」や「最も重要な問題は、誰も彼に異を唱えなかったこと」というSNSでの声を引用して伝えていた。 2月11日(木)「森会長が辞任の方向で調整」と複数メディアが報じる やなど複数メディアが2月11日、森会長が辞任する方向で調整に入ったと報じた。

政界から川淵三郎氏に恨み節も 森喜朗会長の辞任表明、広がる混乱

👆 私どもの組織委員会にも女性は何人いたっけ?7人くらいか。 誰か1人が手をあげていうと、自分もいわなきゃいけないと思うんでしょうね。

8
後任には、森氏が前日に会談し、会長就任を打診した日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)が確実となっていたが、大会委関係者によるとこの動きを政府が問題視。

森喜朗会長の辞任は「分かってたんじゃないか」橋下徹氏が指摘

😆 今回も、反省の弁を述べても批判が一向に収まらないことで、自らが決断した」 森氏がかつて派閥の領袖だった清和会の幹部はこう話す。 五輪の準備が停滞しかねないカードを切り「辞任を迫った」と大会関係者は受け止めた。 そんなこともあります。

これでは、「たわいもない軽口」とも言える森氏の発言が、海外でここまで問題視される理由は理解できない。

政界から川淵三郎氏に恨み節も 森喜朗会長の辞任表明、広がる混乱

💢 そして、こう謝罪した。 時代錯誤な政界重鎮と不寛容社会。 組織委での女性登用の実績を強調し「私自身は女性を蔑視する、そういう気持ちは毛頭ありません」、「この(今回の)一言で、こういうことになったということは、私自身の不注意もあったのかもしれませんが、長い83年の歴史の中で、本当に情けないことを言ったものだな」などと、述べた。

重鎮の森氏がしっかり睨みを利かすことで、東京五輪を開催する方向で進めると頼りにしていた」 しかし、失言問題の批判は止まず、退任に追い込まれた森氏。