横浜 市 コロナ 感染 者 区別。 横浜市のコロナ感染患者数をPower BIで可視化しました(2020年10月5日現在)

横浜市のコロナ感染患者数をPower BIで可視化しました(2020年11月8日現在)

😙 先週9月25日(金)に行われた 横浜市会の「決算第一・第二特別委員会連合審査会」の場で、区別の数値や陽性率の公表について 健康福祉局 の田中博章局長は、「患者の 個人情報保護、特定地域への 風評被害の防止、 誤解を生じない分かりやすいデータ整理等を考慮しつつ公表する必要があると考えている。 そのほか、区別発生状況を感染者数の多い区から並べると、鶴見区367人、青葉区と港北区332人、南区301人、中区266人、神奈川区243人、港南区234人、旭区220人、戸塚区218人、保土ケ谷区203人、金沢区162人、磯子区149人、緑区123人、泉区114人、瀬谷区106人、栄区67人となった。

3
累積人数では、>>がTop3。

<横浜市が見解>18区別の「感染者数」を毎日公表しない理由とは

📞 による2020年10月5日時点のデータから作成 3. 入院が必要な患者を判断する基準については、「専門家の意見も踏まえて、重症度や高いリスクの患者を優先した基準へと見直しを行うことで、 県民の皆さんのいのちに直結する病床確保を優先していきます」(同知事)と、さらなる感染拡大に備え、入院の判断基準については慎重に見直しを行っていく考えとのことです。

(注2) No. 軽症の方が多いようです。

<横浜市が見解>18区別の「感染者数」を毎日公表しない理由とは

📲 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 横浜市は非常に(公表されている)情報が薄い」などと指摘していました。

5
現在、入院されている265名のうち、軽症・無症状の方は219名で全体の83%、重症の方は13名で5%です。 横浜市内事例(チャーター便帰国者及びダイヤモンド・プリンセス号乗船者を除く) No. 前回更新から6名増加。

<週間感染者>港北区は市内最多の56人増、累計500人超える(11/26)

💔 また、LINE公式アカウントで、新型コロナウイルス感染症の発生状況や予防方法などの情報を確認することができます。

6
横浜市の感染者に関する公表情報は、「横浜市」としか明かさない一方で感染者ごとに細かな点まで記載している(9月25日の横浜市による発表資料より) これらは、日本共産党の 古谷靖彦市議(鶴見区選出)からの質問に答えたもので、同市議は「 区ごとの発生数は、個人情報に当たらないのではないか。 年代別と(=症状)の多い順に並べてみました。

横浜市区別コロナデータ

🤟横浜市における「新型コロナウイルス」の感染患者数(11月26日時点での公表分・徒然呟人さん提供) 黒岩祐治神奈川県知事は、きょう(11月27日)開催の県対策本部会議 で、神奈川県の新型コロナウイルスの感染レベルが 「ステージ3(感染急増)」目前である危機感を県民、事業者と共有するためとして、 「ステージ3警戒宣言」を発出しています。

5
2020年10月16日から2020年10月の間、20代の(新規感染者の)減少が最も長く続き、2020年10月19日から10月29日の間では、50代の増加(+5)が最も長く続いた。

<週間感染者>港北区は市内最多の56人増、累計500人超える(11/26)

🤘 特に感染者数が多い横浜市や川崎市は混雑するメインストリートではマスクの義務化、市民の意識改革にもつながる 緊急事態の象徴• 大学やイベントは出席者の「」を導入条件で認める• アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 遠征選手・チームスタッフ56人は陰性判定。

その情報を引用し簡易版として分かりやすく掲載しています。

<週間感染者>港北区は市内最多の56人増、累計500人超える(11/26)

🤚 本投稿の情報は2020年11月8日時点でのHPに掲載されているオープンデータを元にPower BIを使用して作成しました。 特に、 重症者については、病床のひっ迫が深刻になってきました」とコメント。

15
市職員の感染は72人に。