牛久 シャトー。 牛久市シャトー:牛久市観光協会

なんと牛久にワインとビールの醸造場が出来るって!?

😅 こちらは、初代の神谷傳兵衛(左)と二代目神谷傳兵衛の写真です。

全国的に人口減少が叫ばれる中、牛久市においても人口減少時代への大きな局面を迎えていますが、「住みたい街」「選ばれる街」を目指して魅力ある街づくりを進めています。 豪農の家に生まれながらも家が没落したため、幼くして働きに出ました。

牛久市が山梨県甲州市とともに日本遺産認定!!

🙏 現在まで神谷傳兵衛の生誕地・愛知県西尾市で創作活動をされています。

16
数々の偉大な事業を成し遂げた神谷傳兵衛は、66年間の華々しい生涯を閉じました。

会社概要

😍 苗木を植え終わって、もう苗木の葉っぱが 出だしているので育つのみですね。 皆さまの、温かなご支援を賜りますように、心よりお願い申し上げます。 <内容と確認事項> ・牛久シャトーワイナリー再開後、製造第一号となる特別記念ラベルとなります。

・お披露目会のメニュー内容:スープ、メイン料理、デザート、コーヒー、1ドリンク付き。 実際の特製ビーフシチューとは異なります。

牛久市が山梨県甲州市とともに日本遺産認定!!

❤️ *会員登録をご希望されない方は、「備考欄」に「会員登録不要」とご記入ください。 葡萄栽培の事業は、明治初期から北海道や新潟などで開始されていましたが、いずれもアメリカ種でした。 ・撮影させていただいた画像はアルバムとして、お届けさせていただきます。

14
醸造責任者「メトル・ドゥ・シェ」の部屋 2階の資料室から降りてきたところにあるのが、「メトル・ドゥ・シェ」の部屋です。 当時、傳兵衛の目指すフランス種の栽培は不可能に近いと考えられていました。

日本のワイン城「牛久シャトー」復活プロジェクト

👈 現在は、約6万平方メートルある敷地内に、当時の建物を活かした記念館を展開し、ワインづくりの歴史を多数の写真と、実際に使われた醸造器具で紹介しています。

ここに、傳兵衛の運命は大きく変わったのでした。

日本のワイン城「牛久シャトー」復活プロジェクト

😔 ・掲載内容は、牛久シャトーの規定に基づいた内容での掲載となります。 プロジェクトを立ち上げた背景 私は、全国のワイナリーを歩くたびに、牛久シャトーが歴史的、規模的な面からみて「全国的に類をみない醸造場である」ということを確信しました。

傳兵衛の姉の嫁ぎ先である尾張国知多地方(現:愛知県知多郡阿久比町)は古来から銘酒の産地として知られており、酒造家はみな裕福で豊かな生活をしていました。 住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。