せつ りん 小説。 凜雪鴉 (りんせつあ)とは【ピクシブ百科事典】

瀬崎史遊 さんの小説一覧

👍 監禁、束縛、無理矢理など、苦手な方は回れ右でお願い致します。

14
公式ファンブックで登場人物たちの誕生日が公開されたのだが、凜雪鴉だけ誕生日不明であった。 号は 枕霞旧友。

ハーレム小説リンク集

🤘 自身の力に対する絶対的な自信から、四魂の玉にも関心がない。 賈赦の長子で宝玉の従兄。

16
史太君付きだったが、黛玉が賈家にやってきた際に仕えるようになる。

紅楼夢

🤗 自身の体内に宿す猛毒は敵を溶解する、視力を奪うなど様々な使い方が可能。

9
第1回 甄士隠夢幻にて通霊玉を知るのこと 賈雨村風塵に閨秀思うのこと 第2回 賈夫人揚州城にて仙逝るのこと 冷子興栄国家を演説るのこと 第3回 賈雨村を縁に夤って旧職に復すのこと 林黛玉父を抛して京都に進むのこと 第4回 薄命の女偏に薄命の男に出会うのこと 葫蘆の僧乱に葫蘆の判決を下すのこと 第5回 幻境に遊びて迷いを十二釵に指すのこと 仙酒を酌みて紅楼夢の曲を聞くのこと 第6回 賈宝玉初めて雲雨の情を試みるのこと 劉姥姥一たび栄国府に進むのこと 第7回 宮花を送って賈璉熙鳳に戯るのこと 寧国府の宴にて宝玉秦鐘に会うのこと 第8回 通霊に比し金鶯少しく意を露わすのこと 宝釵を探り黛玉なかば酸を含むのこと 第9回 風流を恋い情友家塾に入るのこと 嫌疑を起こし頑童学童を鬧がすのこと 第10回 金寡婦利を貪って辱を受くるのこと 張太医病の細かきを論じて源を窮むるのこと 第11回 寿辰を慶ぎて寧府家宴を排べるのこと 熙鳳を見て賈瑞淫心を起すのこと 第12回 王熙鳳毒もて相思の局を設くるのこと 賈天祥正に風月の鑑に照らすのこと 第13回 秦可卿死して龍禁尉に封ぜらるるのこと 王熙鳳協けて寧国府を理のこと 第14回 林如海揚州城に捐館るのこと 賈宝玉路に北静王に謁するのこと 第15回 王鳳姐権を鉄檻寺に弄するのこと 秦鯨卿趣を饅頭庵に得るのこと 第16回 賈元春才もて鳳藻宮に選らばるるのこと 秦鯨卿夭くして黄泉路を逝くのこと 第17・18回 大觀園に才を試み対額を題するのこと 栄国府に歸省して元宵を慶ぐのこと 第19回 情は切々として良ろしき宵に花は語を解するのこと 意は綿々として静かなる日に玉は香を生ずるのこと 第20回 王熙鳳正言もて妬意を弾くのこと 林黛玉俏語もて嬌音を謔うのこと 第21回 賢き襲人嬌嗔もて宝玉を箴むるのこと 俏き平児軟語もて賈璉を救くるのこと 第22回 宝玉曲文を聞きて禪機を悟るのこと 賈政燈迷を作りて讖語に悲むのこと 第23回 西廂記の妙詞戲語に通ずるのこと 牡丹亭の艶曲芳心を警むるのこと 第24回 醉金剛財を軽んじ義俠を尚ぶのこと 癡女児帕を遺して相思を惹くのこと 第25回 魘魔の法にて妹弟五鬼に逢うのこと 紅楼の夢にて通霊雙真に遇うのこと 第26回 蜂腰橋に言を設け心事を伝うるのこと 瀟湘館に春に困しみて幽情を発するのこと 第27回 楊妃滴に揚妃彩蝶に戯るるのこと 飛燕埋に飛燕残紅に泣くのこと 第28回 蒋玉函情もて茜香の羅を贈るのこと 薛宝釵羞じて紅麝の串を籠るのこと 第29回 享福の人福深きに還た福を祷るのこと 痴神の女情厚き上に愈々情をば斟むのこと 第30回 宝釵扇を借りて機は雙敲を帯ぶるのこと 齢官薔を劃して痴は局外に及ぶのこと 第31回 扇子を撕きて千金一笑を作すのこと 麒麟に因りて白首雙星を伏すのこと 第32回 肺腑の訴え心は迷う活ける宝玉のこと 恥辱を含み情は烈し死せる金釧のこと 第33回 手足眈眈小しく唇舌を動かすのこと 不肖種種大いに笞撻を承くるのこと 第34回 情中の情情に因りて妹妹を感ぜしむのこと 錯裏の錯錯を以て哥哥に勧むのこと 第35回 白玉釧親ら蓮葉羹を嘗うのこと 黄金鶯巧みに梅花絡を結ぶのこと 第36回 鴛鴦を繍りて夢は絳芸軒に兆すのこと 分定を識りて情は梨香院に悟るのこと 第37回 秋爽斎に偶たま海棠詩社を結ぶのこと 蘅蕪苑に夜菊花の題を擬すのこと 第38回 林瀟湘菊花の詩に魁奪するのこと 薛蘅蕪螃蟹の詠を諷和するのこと 第39回 村の姥姥是れ口に信せて開合するのこと 情の哥哥偏に尋根究底するのこと 第40回 史太君両たび大觀園に宴するのこと 金鴛鴦三たび牙牌令を宣するのこと 第41回 攏翠庵茶に梅花雪に品うのこと 怡紅院却い蝗虫に遇うのこと 第42回 蘅蕪君蘭言もて疑癖を解くのこと 瀟湘子雅謔して余香を補うのこと 第43回 閑ろに樂しみを取り偶たま金を攢めて壽を慶ぐのこと 情を不しえず暫土を撮み香を為すのこと 第44回 変は不測を生じ鳳姐酷を潑すのこと 喜びは望外に出で平児粧を理むのこと 第45回 金蘭の契互いに金蘭の語を剖くのこと 風雨の夕悶みて風雨の詞を製るのこと 第46回 尷尬の人尷尬の事を免れ難きのこと 鴛鴦の女誓って鴛鴦の偶を絶つのこと 第47回 獃覇王情を調して苦打に遭うのこと 冷郎君禍を懼れて他鄉に走るのこと 第48回 情濫るるの人情の誤りて芸を遊ばんこと思うのこと 雅を慕う女雅の集りて詩を吟ずるに苦しむのこと 第49回 琉璃世界白雪と紅梅と 脂粉の香娃腥を割きて膻を啖うのこと 第50回 蘆雪庵にて爭いて即景の詩を聯ぬるのこと 暖香塢にて雅に春燈謎を製るのこと 第51回 薛小妹新たに懐古の詩を編むのこと 胡庸医乱りに虎狼の薬を用うるのこと 第52回 俏き平兒情もて蝦須鐲を掩うのこと 勇いたつ晴雯病みて雀毛裘を補うのこと 第53回 寧国府除夕に宗祠を祭るのこと 栄国府元宵に夜宴を張るのこと 第54回 史後室陳腐の舊套を破るのこと 王熙鳳戲彩の斑衣に効うのこと 第55回 親女を辱め愚妾閒気を争うのこと 幼主を欺りて刁奴険心を蓄うのこと 第56回 敏き探春利を興して宿弊を除くのこと 時き宝釵小惠もて大体を全うするのこと 第57回 慧き紫鵑情辭もて忙玉を試むるのこと 慈き姨媽愛語もて痴顰を慰むるのこと 第58回 杏子の蔭に仮鳳虚凰を泣くのこと 茜紗の窓に真情痴理を撥るのこと 第59回 柳葉渚の辺に鶯を嗔り燕を咤るのこと 絳芸軒の裏に將を召し符を飛ばすのこと 第60回 茉莉紛薔薇硝に替わり去るのこと 玫瑰露茯苓霜を引き来るのこと 第61回 鼠に投ずる器を忌みて宝玉贓みを暪すのこと 冤を判じ獄を決して平児権を行うのこと 第62回 憨湘雲酔いて芍薬の裀に眠るのこと 獃香菱情もて石榴の裙を解くのこと 第63回 怡紅を寿ぎて群芳夜宴を開くのこと 金丹に死して獨艶親喪を理るのこと 第64回 幽淑の女悲しみて五美吟を題すのこと 浪蕩の子情もて九竜佩を遺るのこと 第65回 賈二舎偸かに尤二姨を娶るのこと 尤三姐柳二郎に嫁がんことを思うのこと 第66回 情小妹情を恥じて地府に帰るのこと 冷二郎一たび朝冷めて空門に入るのこと 第67回 土儀を見て顰卿故里を思うこと 秘事を聞きて鳳姐家童に訊すのこと 第68回 苦尤娘賺されて大觀園に入るのこと 酸鳳姐大いに寧国府を鬧がすのこと 第69回 小巧を弄し借剣を用いて人を殺すのこと 大限を覚り生金を呑みて自ら逝くのこと 第70回 林黛玉重ねて桃花社を建つるのこと 史湘雲偶たま柳絮詞を塡するのこと 第71回 嫌隙の人有心に嫌隙を生ずるのこと 鴛鴦の女は無意に鴛鴦に遇うのこと 第72回 王熙鳳強きを恃んで病を説うを羞ずるのこと 來旺の婦勢に倚りて親を成すを覇するのこと 第73回 癡の丫頭誤って繍春嚢を拾うのこと 懦の小姐累金鳳を問わずのこと 第74回 奸讒に惑いて大觀園を抄検するのこと 孤介を矢い寧国府と杜絶するのこと 第75回 夜宴を開きて異兆悲音を発するのこと 中秋を賞でて新詞に佳讖を得るのこと 第76回 凸碧堂に笛を品いて淒涼を感ずるのこと 凹晶館に詩を聯ねて寂寞を悲しむのこと 第77回 俏き丫鬟屈を抱きて風流に夭するのこと 美しき優伶情を斬りて水月に帰するのこと 第78回 老學士閑ろに姽嫿の詞を徴するのこと 癡公子芙蓉の誄を杜撰するのこと 第79回 薛文竜河東の獅を娶るを悔ゆるのこと 賈迎春誤って中山の狼に嫁するのこと 第80回 美しき香菱貪夫の棒を屈受するのこと 王道士妬婦の方を胡謅するのこと 第81回 旺相を占いて四美遊魚を釣るのこと 嚴詞を奉じて両番家塾に入るのこと 第82回 老學究の講義頑心を警むのこと 病める瀟湘の癡魂悪夢に驚くのこと 第83回 宮闈に省して賈元妃恙に染むのこと 閨閫の鬧がせて薛宝釵声を呑むのこと 第84回 文章を試して宝玉に始めて親を提すのこと 驚風を探ねて賈環の重ねて怨を結ぶのこと 第85回 賈存周報ぜられて郎中の任に陞るのこと 薛文起復た放流の刑を惹くのこと 第86回 私賄を受けて老官安牘を翻すのこと 閑情を寄せて淑女琴書を解くのこと 第87回 秋の深きに感じ琴を撫して往事を悲しむのこと 禅寂に坐し心を走らせて邪魔入るのこと 第88回 庭歓を博さんとして宝玉孤児を讃えるのこと 家法を正さんとして賈珍悍僕を鞭うつのこと 第89回 人亡く物在り公子詞を塡すのこと 蛇影杯弓顰卿粒を絶つのこと 第90回 綿衣を失いて貧女嗷嘈を耐えるのこと 果品を送りて小郎叵測に驚くのこと 第91回 淫心を縦にして宝蟾工に計を設けるのこと 疑陣を布きて宝玉妄りに禅を談ずるのこと 第92回 女傳を評して巧姐賢良を慕うのこと 母珠を玩びて賈政聚散を参るのこと 第93回 甄家の僕賈家の門に投靠るのこと 水月庵風月の案を掀翻くのこと 第94回 海棠に宴して賈母花妖を賞でるのこと 宝玉を失して通霊奇禍を知るのこと 第95回 訛に因りて実を成し元妃薨逝するのこと 仮を以て真に混じ宝玉瘋癲となるのこと 第96回 消息を瞞して熙鳳奇謀を設くるのこと 機関を泄らして顰児本性を迷わすのこと 第97回 林黛玉稿を焚きて癡情を断つのこと 薛宝釵閨を出でて大礼を成すのこと 第98回 苦しき絳珠魂は離恨の天に帰るのこと 病める神瑛涙は相思の地に灑ぐのこと 第99回 官箴を守りて悪奴同に例を破るのこと 邸報を閲して老舅自ら驚きを担うのこと 第100回 好事を破りて香菱深恨を結ぶのこと 遠嫁を悲しみて宝玉離情を感ずのこと 第101回 大觀園に月夜に幽魂に感じるのこと 散花寺に神籤異兆に驚くのこと 第102回 寧国府骨肉災祲を病むのこと 大觀園符水妖孽を駆るのこと 第103回 毒計を施して金桂自ら身を焚くのこと 真禅に昧して雨村空しく旧に遇うのこと 第104回 酔金剛小鰍は大浪を生ずるのこと 癡公子余痛は前情に触るのこと 第105回 錦衣軍寧国府を査抄するのこと 驄馬使平安州を彈劾するのこと 第106回 王熙鳳禍を致して羞慚を抱くのこと 賈後君天に祷りて禍患を消すのこと 第107回 余資を散じて賈母大義を明らかにするのこと 世職を復して政老天恩に沐すのこと 第108回 強いて歡笑して蘅蕪に生辰を慶ぶのこと 死して纏綿たり瀟湘に鬼哭を聞くのこと 第109回 芳魂を喉ちて五児錯愛を承くるのこと 薛債を還して迎女真元に返るのこと 第110回 史後君寿終わりて地府に帰るのこと 王熙鳳力詘きて人心を失うのこと 第111回 鴛鴦女主に殉じて太虚に登るのこと 狗彘の奴天を欺きて伙盗を招くのこと 第112回 冤孽に活きて妙尼大劫に遭うのこと 讎仇に死して冥曹に赴くのこと 第113回 宿冤を懺いて鳳姐村嫗に託するのこと 旧憾を釈きて情婢癡郎を感ずること 第114回 王熙鳳幻を歴て金陵に返るのこと 甄應嘉恩を蒙りて玉闕に還るのこと 第115回 偏私に惑いて惜春素志を矢うのこと 同類を証して宝玉相知を失うのこと 第116回 通霊を得て幻境に仙縁を悟るのこと 慈柩を送りて故郷に孝道を全うするのこと 第117回 超凡を阻んで佳人双り玉を護るのこと 聚黨を厭んで悪子獨り家を承くるのこと 第118回 微嫌を記して舅兄弱女を欺るのこと 謎語に驚きて妻妾癡人を諫むのこと 第119回 鄉魁に中りて宝玉塵緣を却くるのこと 皇恩に沐して賈家世沢を延ぶるのこと 第120回 甄士隠太虚の情を詳説すること 賈雨村紅楼の夢を帰結すること 『紅楼夢の現状』 [ ] 以下の文献は である。 やにたとえられる。

殺りん (せつりん)とは【ピクシブ百科事典】

😇 『』の「武」、『』の「侠」に対して『紅楼夢』は「情」の文学であるとされる。 渾名は呆覇王。

『要訳 紅楼夢』(王敏訳著、講談社、2008年)ほか• 『紅楼夢』は、曹雪芹が貧乏暮しをしていた時期に書いたものである。

ハーメルン

👋 または人受けする宝釵と湘雲に敵意を抱いているが、その後互いを理解して3人は仲良くなる。 夢幻の白夜曰く(四魂の玉を完全に取り込む前ならば)奈落でさえ直接斬られればひとたまりもないとのことで、爆砕部を切り離す以外の対抗策がなく、りんを人質に取って使われないようにするなど、かごめの破魔の矢の次に警戒していた。

1
彼の名は霑(てん)、字は夢阮(むげん)、号は雪芹(せつきん)、またの号は芹圃(きんぽ)、芹渓(きんけい)といった。 それぞれ栄国公と寧国公に封じられ、栄国府と寧国府の初代当主となる。

凜雪鴉 (りんせつあ)とは【ピクシブ百科事典】

😙 そこにりんがあらわれ、殺生丸に食料を供えるようになった。 3 大場愁一郎 複数プレイはなし 女族隷属 MooLich 相続 那由多 ネコの王子様 ゆーすけ Haniwa 職業、国王 Louis 年上・処女・ハーレム ふらっと・はーれむ 万能無敵ミルクエンジェル. その後、犬夜叉を狙う奈落に利用され左腕に四魂のかけらを仕込んだ人間の腕を装着し、再び鉄砕牙を狙って犬夜叉を瀕死の重傷に追い込むものの、犬夜叉の執念により奪った鉄砕牙を奪還され諦め戦いを中断し立ち去る。 得物 [ ] 天生牙(てんせいが) 父から受け継いだ刀。

19
また、鳥海氏のYouTubeチャンネルで行っている、キャラの演じ方の解説動画で「ミステリアスな大物キャラ」としてこの二人を挙げて解説した。 元々は鉄砕牙とひとつの刀であり、死神鬼との戦いで冥道残月破を奪うも持て余し、新たに天生牙として生まれ変わった事が判明する。

一妻多夫小説一覧

💙 闘鬼神の技だが映画「天下覇道の剣」で天生牙からも1度だけ放っている。

10
原作最終回後、数年経過した設定です。 黛玉が花を埋める場面『 黛玉葬花』 主人公 [ ] 賈宝玉(か・ほうぎょく) 主人公。

殺生丸

🙄 概要 軽く2世紀ほどの年の差カップリング。

8
薛蟠(せつ・ばん) 薛のおばさまの子で、宝釵の兄。

殺りん (せつりん)とは【ピクシブ百科事典】

☏ 主人公である賈家・栄国府の次男である賈宝玉は、祖先の勲功により代々高官を出し、皇室の姻戚でもある賈氏一族の貴公子である。

8
もう一つの身分は、仙界の警幻仙姑の妹・兼美。 僕は女を見るとせいせいし、男を見るとむかむかしてくる」、また、「天地の霊淑なものは、女にだけ集まっている」といってもっぱら一族の美少女・美女たちを相手に様々な趣きの交際や交流を楽しんでいる。